MENU

窓周りから雨漏りがする場合は?

窓周りから雨漏りする場合も、防水工事業者に雨漏り修理を頼んでください。
もちろん、工務店や建設会社でもOKです。

 

屋上の防水工事同様に、工務店や建設会社がきちんと防水工事業者に頼んでくれます。

 

窓枠、サッシ等の周りのシーリングの破損、劣化

天井からの雨漏りの他、サッシ、窓枠から雨漏りする場合があります。
この場合は、屋上防水に問題が起きたと言うことよりも、サッシや窓枠周りのシーリングが破損した可能性が大きいです。

 

サッシや窓枠を取り付けた後、周りはシーリング材で囲っています。
壁とサッシや窓枠の間の隙間を埋め密着させるためです。
このシーリング材は柔軟性があり窓枠にもぴったりと密着し、雨水の浸入を防いでくれます。

 

しかし、シーリング材は年数劣化をしますので、雨、風、紫外線などの影響を受け固くなり縮んだり、地震や建物の歪みで切れたりします。
その為、シーリング材が破損した箇所から雨水が浸入しますので雨漏りを起こします。

 

シーリング材が劣化して雨漏りする場合は、シーリングの打ち直しをして対処します。
シーリング材を打ち直ししても雨漏りが続くような時は他の原因を考えます。

 

又、サッシ、窓枠周りの外壁に亀裂が入った場合にも雨漏りを起こします。あまり大きな亀裂でない場合は、シーリング材で対処する場合も多いです。

 

 

目地シーリングの破損、劣化

アスファルト防水の仕上げをモルタルで仕上げた場合は目地を作りシーリングを打っている場合が多いのですがそのシーリングも年数劣化でボロボロになっている場合があります。
ボロボロになった部分に土がたまると屋上に草が生える事もあります、植物の根はコンクリートも破る力を持っていますので防水層が破けてしまいます。
目地のシーリングが劣化した場合は早めに打ち替えるようにしましょう。

 

 

 

シーリングの施工方法

シーリング材にも種類があり、1成分形、2成分形と分かれています。
1成分形はカートリッジタイプなどで、そのまま使い自然に硬貨していくタイプです。
2成分形は基剤と硬化剤に分かれていて使う直前で混ぜて使うタイプです。
用途に合わせて使い分ける事が多いです。

 

例えば
1成分形のカートリッジなどでは、台所周り、風呂場周り、又外壁目地などの少量での施工時など。
2成分形の基剤と硬化剤を混ぜて使うタイプは、広範囲に及ぶ外壁や防水端末部などの工事使われる事が多いです。

 

 

施工方法

@古くなったシーリング材は、完全に取り除きます

 

A汚れを綺麗に落とします

 

B養生テープで施工個所を確定します

 

Cプライマーを塗布します

 

Dシーリング材を打ちます。成形して表面を滑らかにします。

 

E養生テープをはがし、完了です。

 

シーリング材の材質の種類

シーリング材は1成分形と2成分形があると説明しましたが、材料の材質にも種類があり、それぞれ特徴があります。

 

・シリコーン系シーリング材

 

 耐水性や対候性、耐熱性などがあり、水回りに良く使われます。
 上から塗装はできませんが、シーリング材用のカラーを混ぜて使用できます。
 色はメーカーによって様々ですが、白系、グレー系、ブラウン系などはメジャーです。

 

 

 

・変性シリコーン系シーリング材

 

 対候性があり、建築現場でも良く使われる種類です。
 後から塗装もできるので、外壁に合わせて塗装することで違和感なく施工することができます。

 

 

 

・アクリル系シーリング材

 

 水性エマルションタイプです。水分が多いため水分が蒸発して無くなってくると
 痩せるタイプです、ですから外壁や屋上防水ではあまり使われません。
 内装などで使われます。水性なので扱いやすいです

 

 

 

 

・ポリウレタン系シーリング材

 

 塗装の下処理や、ALCの目地重点に使われます。
 対候性があまりないため、外ではあまり使われません。
 しかし塗装ができるので、外での施工は上から塗装して対処します。

 

 

 

・ポリサルファイド系シーリング材

 

 対候性、耐油性があるため、建築現場でも良く使われるシーリング材です。
 目地にも多く使われます。

このページの先頭へ