MENU

ビル、平屋根の雨漏りの原因

このサイトでは、一般住宅の瓦屋根の雨漏りではなく、ビルや平屋根住宅の雨漏りの原因について言及しています。

 

ビルや平屋根の場合の防水は、雨が入らないように防水がまるでラップをするように施されています。

 

しかし、何らかの原因で、その防水が破損する為に雨水が建物に侵入し、気づかないでいるとシミが出来ていたり、天井から水が落ちてきます。

 

水が天井から落ちてくる段階ではかなりの量の雨水が建物内に侵入していることになりますので天井にシミを発見した段階で、直ぐに専門業者に点検をしてもらうことが重要です。

 

それでは、雨漏りの原因である防水の劣化や破損について解説いたしましょう。

 

雨漏りの原因

雨漏りにはいくつかの原因があります、
代表的な雨漏りの原因を提示していますので、是非ご参考にされてください。

 

雨漏りの原因の一位は防水層の劣化ですが、自然災害や施工ミスなど事前に防止することができないものもあります。
通常は、事前の対策で雨漏りせずに済みますので、少しでも気になるなと思ったら、専門家に見てもらう事が肝心です。
部分的な改修や定期的なメンテナンスをして、防水層全体を痛めないように早めの対処がおすすめです。天井のシミなども放っておいたばかりに、基礎が腐ってしまったり、鉄筋がさびてしまった例もあります。大掛かりな工事に発展しかねませんので早めの対処が重要です。

雨漏りの原因

経年劣化

建物の防水は、屋上、外壁などに施されているため、雨、風、紫外線による経年劣化は避けられません。
防水材の上に施すトップコートや保護防水が劣化し、防水層を痛めて雨水を通したり、防水層に亀裂が入ったり 目地が劣化し雨水を通すようになります。

 

紫外線での劣化は強力で屋上防水の脆弱につながり、雨漏りの原因にもなります、例えばプラスチック製のバケツなどを屋上やベランダに置きっぱなしにしておくと、いつの間にかボロボロになっている事があります。
これはまさしく紫外線のなせる業で、強力な破壊作用によるものです。
防水層も、この紫外線の強力な破壊作用にさらされるもので、防水層もボロボロになってしまいます。
トップコートは数年おきに施工して防水層の保護を怠らないようにしましょう。

 

 

 

人的防水破壊

防水によっては、非歩行用、歩行用と人の使い方によって違う工法があります、特に非歩行用の防水では 人の通行や洗濯物干しを置いたりするような活動を想定して作られてはいないので、注意が必要です。

 

又、靴でも破損することもあります、ハイヒールやスポーツシューズの凹凸の鋭いものは、防水層に穴が開いたり、亀裂ができたりしますので、防水を施した屋上を歩かないようにするべきです。

 

又、鋭い物や一点に重量が集中する物を置く時は、下にボードやゴムを敷き、防水を痛めないようにする事が大事です、エアコンの室外機などを直接置くと、重みが部分的に掛かるので防水層が破損する場合があります。

 

 

 

鳥害による防水破壊

意外と知られていないのが鳥害です。カラスなどが防水表層をつついて破損させる事がしばしばあります。クチバシは鋭いですから、穴が開き雨漏りにつながります。

 

 

 

地震、地盤沈下による建物防水破壊

地震での雨漏りは窓やサッシの歪みのほかに外壁に亀裂が入りそこから雨水が入り込んでくることがあります。
排水用のドレンの周りに隙間ができて雨漏りの原因になってしまうケースもあります。
地震は建物全体にダメージが加わるので、いたるところで亀裂やひびが入ります。それに伴い防水もかなりダメージを受けます。ちなみに地震や地盤沈下などの建物が動くため防水が劣化し雨漏りした場合は、防水保証には当てはまりません。

 

 

 

<建築ミス・施工不良>

施工ミスがあり雨水が逆流して雨漏りすることもあります。単純に軒がつけ忘れていたり、天窓や出窓をつける場所がめちゃくちゃだったり、屋根の勾配が甘かったりするとそこから雨漏りすることがあります。
この場合は新築でもすぐに雨漏りすることから、すぐに分かります。
この時、防水業者にお願いしたいところですが、建物の基礎や建築の設計ミスは工務店や、建築会社に直してもらわないと防水をやり直せませんから、最初は工務店や建設会社にお願いすると良いでしょう。新築の場合は販売会社に連絡をとるとスムーズかもしれません。

 

又、ベランダやバルコニーの防水が規定より薄い場合もありますから、防水の保証は必ずもらっておきましょう。

 

目地、窓周りのシーリング劣化

経年劣化

防水層以外に雨漏りの原因となるのが、窓周りのシーリング材の劣化です。シーリング材は年数が経つと劣化して縮むのです、その為隙間ができたり切れたりしますので劣化したシーリング材は撤去し、新たに打ち直しをします。

 

 

地震、地盤沈下による建物防水破壊

地震、地盤沈下など建物の歪みや動きは防水層の破損だけではなくシーリングや目地自体も切れてしまう場合があり、窓周りや目地周りから雨漏りする事があります。

 

 

人的防水破壊

施してあるシーリング材を人為的に剥がしてしまったり捲ってしまう事は少ないと思いますが、偶然、何かに引っ掛けて捲ってしまったり、切ってしまう、子供のいたずらで剥がしてしまった場合も水が浸入する原因になります。

 

 

<建築ミス・施工不良>

防水工事自体の手抜きもあります、特に手抜き工事が多い場所は窓や排気口のシーリング防水です。
細かい開口の部分の周りはシーリングをするのですが隙間ができるような適当な作業だと日にちが経っていくにつれて雨水が浸入してきてしまいます。

外壁防水の劣化

経年劣化

外壁の亀裂や、防水塗料の劣化により水が浸入します。又、外壁に目地がある場合も目地は劣化しますので水を通す原因になります。

 

 

地震、地盤沈下による建物防水破壊

地震、地盤沈下により建物の歪み、動きで外壁に亀裂が入る、隙間ができる事で水が浸入します。
特に地震ですとかなり大きく建物が動くので、弱い建物はいたるところで亀裂が入ります。

番外編

樋の詰まり

雨漏りの原因の1つに樋の詰まりがあります、通常の雨では気がつかなかない事が多いのですが、大雨が降った時に水が通りづらいために、逆流し防水が施していない場所に水が侵入して雨漏りになります。
樋には泥や落ち葉が詰まる事がありますので、掃除をしておくことが重要です。

 

 

ドレンの詰まり

防水は傷んでいないものの、水のはけ口であるドレンが詰まったり破損して、水が流れずらくなってしまうと、水の通り道が塞がれるので水が逆流し、雨漏りの原因になります。特に大雨が降った時に雨漏りが起きる事が多く、逆流した水は防水の施していない場所まで到達し建物に水が浸入してしまい雨漏りの原因になります。
ドレンに落ち葉やゴミが詰まっていないか、特に大雨や台風の前には点検し、掃除しておく事が重要です。

 

 

<草>

トップコートや防水がボロボロになっているのにも関わらず放っておくと、土が溜まりやすくなりいつの間にか植物が生えて、建て物を貫通して根を張ることがあります。植物の根はとても強くアスファルトをも貫通する力を持っていますので注意が必要です。
その穴から雨漏りすることも多いので、掃除は定期的に行うと良いでしょう。

 

 

 

 

<ソーラーパネル工事>

住宅の屋根の雨漏りで最近多いのがソーラーパネルを設置してその工事の穴から雨漏りしてしまうケースが増えてきています。
ソーラーパネルは1度設置してしまうと直ぐに取ったり付けたりできませんので、ソーラーパネルを付ける前に防水を1度やり直して、10年、15年と持つようにしておくことが大事です。

 

雨漏りには様々な原因がある事が分かっていただけたと思います。
一概にはこれが原因とはいえませんが、一番多いのは経年劣化となりますので、定期的なトップコートの塗り替えをして防水層そのものを痛めないようにするという事が大事です。

このページの先頭へ